フェイキックIOLはハードコンタクトレンズに似た専用のレンズを眼内に入れることによって光の屈折を変えて視力を矯正する施術です。近視が強すぎたり、角膜にトラブルがあるためにレーシック手術が不可能な人も受けることができます。

 

専用レンズは近視・乱視・遠視とそれぞれの症状にマッチしたものを作成するのでレーシック手術より適応可能の窓口が広いです。眼内にセットするので普通のハードコンタクトレンズと違い異物感はないですし、日常生活の中でポロっと取れてしまうことはありません。裸眼と同様の快適さを維持したまま視力を回復することができます。眼球に入れるレンズは交換の必要はないですし、視力の維持も長期に渡り可能です。

 

万が一、施術後に問題が発生してもレンズを取り出すだけで大丈夫です。問題が発生しなかったとしても施術後の視力変化にも挿入したレンズを交換することで柔軟に対応することができます。フェイキックIOLの場合はレーシックと違い、角膜を削らないで大丈夫です。ちなみに削った角膜は再生不可能です。

フェイキックIOLは前房型と、後房型の2つの方法があります。

違いは専用のレンズを入れる場所です。”角膜”、”虹彩”、”水晶体”の3箇所のうちに”角膜”と”虹彩”の間に入れるのならば前房型、”虹彩”と”水晶体”の間に入れるのならば後房型になります。前房型だと専用レンズが角膜内側細胞に長期間にわたって影響を与えるので角膜障害を引きこす可能性があります。後房型だと専用レンズが水晶体に近いので白内障を引き起こす可能性があります。

 

それぞれ異なったリスクを抱えているので専門医の適切な判断が必要になってきます。近年、両型の施術技術はとても進化したので合併症が発症する可能性はとても低くなりました。とはいえ、専門的な知識と判断が必要なことには変わらないので担当の医師の判断に任せましょう。

 

両方法ともに施術後は後々のトラブル防止のためにしっかりと定期検査を受けましょう。指定された回数、参加して施術後に炎症などのトラブルが起きていないかチェックしてください。

このページのトップへ