老視は「老眼」といわれているもので近くのものを見る際に焦点が合わせられなくなる状態です。よく報告される症状は「遠くはバッチリ見えるのに近くのものが見えづらく疲れる」、「少し遠くに離さないと小さな文字が読みにくい」、「夜が近づくにつれて物を見るのがつらくなる」などです。人によっては首・肩のこり、頭痛、吐き気も伴います。

どんな人にも老眼は起き、40歳~60歳のあたりで自覚することが多いです。しかし実際には20歳前後から少しずつ症状はでてきています。水晶体というカメラのレンズに相当する組織が老化することにより硬くなり、ピントを合わせるための毛様体筋が正常に機能できなくなるために起きます。若いときは機能を戻そうとすることができるのですが歳を重ねるごとに難しくなっていきます。近年は加齢以外にも目の酷使によって老眼と同様の症状が起きます。テレビやパソコンやタブレットのモニターを常に見つめていたり、携帯電話を長時間操作したりすることで毛様体筋に負担がかかるため似た症状が起きます。

 

老視の症状がでたら眼科を受診して見てもらいましょう。治療方法は老眼鏡で視力矯正をすることになります。老眼鏡は様々な種類があります。

診察を受けて適切なものを選択しましょう。近年は老眼用のコンタクトレンズも販売されているのでこちらも選択肢にいれてください。目の酷使で老視の症状が出た場合は定期的に休ませましょう。遠くを見つめたり、マッサージを施したりして目の緊張を取り除きましょう。カシスやブルーベリーなどのサプリメントも併せて摂取しましょう。

このページのトップへ