眼瞼痙攣(がんけんけいれん)とは、自分の意思と関係なくマブタが痙攣を起こす病気です。重度な場合はマブタを開くのが難しくなります。マブタを閉じる筋肉が自分の意思と関係なく力が入ってしまいます。過剰に力が入ってしまうためにマブタが開きにくい状態になります。初期症状は「眩しく感じる」、「まぶたの周りがピクピクする」、「眼が乾く」などです。両目に症状が現われますが、左右で進行スピードに差が出ることもしばしばあります。症状の進行は早いわけではありませんが放置しても自然治癒はしません。症状が重症化すると視力があるにも関わらず失明状態になることもあります。現在、日本では数十万人以上の人がこの症状に悩んでいます。患者の中で最も多いのが40代以上の女性です。初期症状がドライアイと似ているため、正しい診断を受けることが大切です。正しい診断を受けるために診療を受ける際は以下の点を注意してください。

この他にも診察時にはドライアイか眼瞼痙攣かを判断するためのまばたきのテストもあります。正確な診断を受けて正しい治療を受けましょう。

 

発病の原因は「大脳の一部の機能障害」、「別の病気の治療薬が原因になった」など様々な事例が報告されていますがまだ完全に原因解明がされていません。治療は症状を抑える対処療法を中心に行われていますがどれも効果をしっかりと発揮しているのでご安心ください。軽度なものはストレスや疲れと言った精神的なものが原因の可能性があるので経過観察を行い3~6ヶ月程度で自然治癒します。重度の場合はボツリヌス毒素注射を行いマブタの筋肉の収縮をとめて痙攣を止めます。手術で神経を圧迫している部分を解放して治療するケースもあります。

このページのトップへ