流行性角結膜炎(はやり目)治療

ドライアイとは

ドライアイは、涙の質の変化・涙の分泌量の減少により目全体に涙が行き渡らず、目の表面に傷ができたり、視力の低下などを引き起こします。また、目の乾燥、目の疲れ、ストレスなどの外的要因等が積み重なったことにより発症します。

ドライアイの症状について

目に疲労感などを感じるようであればドライアイかもしれません。
現代では、携帯電話やテレビ、パソコンなどが広く普及し、画面を長時間見続けている人が増加しています。それにより、目には大きな負担がかかり、これがドライアイの症状として表れます。

こんな症状ありませんか?

  • ・目の乾燥を感じる
  • ・霞んで物が見えるようになる
  • ・目がゴロゴロする
  • ・目に疲労を感じる

症状が進行すると目に痛みを感じたり、視力の低下や角膜が乾燥し、傷つくなどの症状が現れる可能性があります。ドライアイの自覚症状がある場合は、自己判断をせずに眼科で診てもらいましょう。

ドライアイの原因

ドライアイは様々な要因が重なり発症する病気です。
例えば、年齢が高くなるほどドライアイになりやすいですし、他の病気の症状や薬の服用によってドライアイを発症することもあります。
また、昨今では、携帯電話やパソコン、テレビやコンタクトレンズの装着率の増加などにより、ドライアイを発症する人も比例して増えています。

ドライアイの治療

主な治療方法は点眼薬と涙点閉塞治療です。

点眼液による治療

まずは、専用の点眼薬にて治療をします。点眼液での治療で効果がない場合、涙点閉塞による治療を行います。

涙点閉塞による治療

涙の排出口である涙点を閉じることで涙が流れ出ることを抑えます。涙が流れ出ることを止めることで、目の表面に涙をためることができます。

ドライアイの症状は目の痛みや疲れ、乾燥など様々な形で表れます。
ちょっと目に違和感があるくらいだから、と症状を甘く見ることが症状の悪化を招き、最悪合併症を引き起こす原因にもなります。
ドライアイは早期発見と定期的な通院が重要です。気になる症状を感じたら眼科で診てもらい、適切な治療を受けましょう。

ドライアイと現代社会の関係

現代社会でのドライアイ 昨今の社会では携帯電話、テレビ、パソコンなど液晶画面を見る環境が増えています。
それにより、瞬きの回数が減少したり、目が乾燥しやすくなっています。また、エアコン機器の使用やストレスの増加・蓄積、夜型の生活などもドライアイの発症に関わりがあります。
現代社会では、このように目を酷使しているため、適度な休憩を入れるなど意識して目を休ませていくことが重要です。

ドライアイ対策

涙が蒸発すると目はどんどん乾いていきます。そして涙が乾く環境は現代社会には多くあります。 その為、パソコンやテレビ、コンタクトレンズの装着、エアコン等の使用頻度を見直し、改善することがドライアの症状を緩和に繋がります。

パソコンの位置の改善

よく使用するパソコンの位置を目より下に置くことで、目を見開く必要がないので目の乾燥を緩和させることができます。それでも、長時間パソコンを見るのであれば、適度に休息を入れて目を休ませてあげることが大切です。また、自主的に瞬きをすることも効果的です。

エアコンの使用の改善

エアコンの風に当たることで目の乾燥が促されてしまいます。その為、エアコンの風に直接当たることは避けましょう。また、加湿器などを使用することで室内の湿度を高めに保つことも目の乾燥を和らげるのに効果的です。

コンタクトレンズの装着について

コンタクトレンズは使用方法を確認し、正しく使いましょう。コンタクトレンズを装着した目は通常より乾燥しやすくなっています。コンタクトレンズを装着している時に目に乾きを感じるようであれば、専用の目薬を点眼して目を潤すようにするといいでしょう。

ご相談はこちらから 電話受付時間 午前10:00〜12:30 午後15:30〜19:00(水曜休診)

048-729-6257 メールでのお問い合わせ
このページのトップへ